お知らせInformation

2021.12.01 NEW
冬にとりたい野菜・勝手に5選

冬にとりたい野菜・勝手に5選紹介します。
師走ですね。
たがやす薬膳コンシェルジュです。


では、さっそく
にら...身体を温め気を巡らせます
長ネギ...冬に消耗しやすい陽気を補います
かぶ...消化を助けます
白菜...腸の掃除に活躍
にんじん...血を増やして粘膜や皮膚を強化


全部入れて味噌汁にすれば
寒い朝からからだも温まります。


陰陽が転換するこの時期、
体調を崩しやすい時期ですね。
十分に栄養をとって腎を養い
温め食材と巡らせ食材で代謝を上げましょう。

829634_s.jpg1594318_s.jpg
***********
薬膳でもっと元気に!
もっとキレイに!
もっとハッピーに!
◇協会からのお知らせ◇

12月開催♪ランチ付き中華街マニアックツアー
12月開講!大阪薬膳茶エバンジェリスト講座
1月開講!薬膳茶入門のプレジャリスト講座
薬膳基礎入門の動画クラス開講中♪
2021.11.17
咳止め・口内炎・二日酔いに柿

咳止め・口内炎・二日酔いにも柿。
青い空にくっきりと柿の色が映えますね、
たがやす薬膳コンシェルジュです。


柿は肺や粘膜を潤す作用があり
乾燥からくる咳に効きます。


熱を冷ます作用も強めなので
口内炎にも効くようですが
冷え体質の人は要注意。


ちなみに冷え体質の私は、
柿はすりおろし(力いらずです)、
醤油、生姜を合わせて炒めもののタレに
使ったりしています。
(+豚肉で潤い効果アップ(詳細は11/3参照))


最近はテレビでレンチンしてシナモンをかけて
食べるデザートが紹介されていたとか。


他にも温性のかぶと合わせてサラダにしたり、
呑み過ぎた翌朝のデザートにも♪


旬の柿を満喫してはいかがでしょうか。
*写真の花は柿の花です。

22658702_s.jpg

2525939_s.jpg
***********
薬膳でもっと元気に!
もっとキレイに!
もっとハッピーに!

◇協会からのお知らせ◇
12月開催♪ランチ付き中華街マニアックツアー
12月開講!大阪薬膳茶エバンジェリスト講座
1月開講!薬膳茶入門のプレジャリスト講座
薬膳基礎入門の動画クラス開講中♪
2021.11.03
秋バテと秋の乾燥に豚肉が効く!!

秋バテと秋の乾燥に豚肉が効きます。
寒暖差にふりまわされてる
たがやす薬膳コンシェルジュです。

豚肉が薬膳?と思われた方。
実は立派な薬膳食材。
スタミナをつけ、身体を潤します。
そう、秋バテと秋の乾燥にピッタリなのです。

スタミナアップにはナツメと合わせて
潤いアップには白きくらげが相性抜群!
以前にお勧めしたれんこんとも◎

お腹の調子がいま一つの場合には
お腹をいたわるキャベツを合わせましょう。

豚肉のカロリーが気になる人は
低脂肪で鉄分を多く含むひれ肉がお勧め。

ひき肉でよし、
薄切り肉でよし♪
秋の夜長に豚肉食べましょう。

5021658_s.jpg

***********
薬膳でもっと元気に!
もっとキレイに!
もっとハッピーに!

◇協会からのお知らせ◇

12月開講!大阪薬膳茶エバンジェリスト講座
1月開講!薬膳茶入門のプレジャリスト講座
薬膳基礎入門の動画クラス開講中♪
2021.10.20
秋におすすめ れんこんレシピ

秋にお勧めれんこんレシピをご紹介します。
下半身の防寒に余念がない
たがやす薬膳コンシェルジュです。


腸と肺の機能アップに役立つれんこん
料理方法が分からない!方も多いのでは?


一番簡単な食べ方は、生食、
というと意外に思われるかも知れませんが、
実は生でも食べられる野菜。


そのまますりおろして
同じくすりおろした梨と合わせれば
肺にこもった熱をとる蓮梨汁(れんかじゅ)
というジュースになります。


もっと馴染みやすいものだと、
さっと湯通しして甘酢につけたり(日持ちします)
マヨネーズで和えてサラダにしたり。


すりおろして焼けば、サクサク食感から
もちもちの食感に早変わり。


写真はすりおろしたれんこんに、
ひじきの煮ものを合わせて焼いたもの。


同じく整腸作用のある梅と合わせたり、
同じく咳止め作用のある銀杏と合わせれば
さらに効果的。


ちなみに大根よりもすりおろしやすいので
よかったら一度お試しください。


*前々回、フディー薬膳コンシュエルジュさんが紹介してくれた、

蓮根と牡蠣のオイスターソース炒め、お勧めです♪

***********
薬膳でもっと元気に!
もっとキレイに!
もっとハッピーに!
◇協会からのお知らせ◇
薬膳基礎入門の動画クラス開講中♪
10月開講!東京名古屋仙台オンラインの薬膳基礎講座
2021.10.06
イチジクで潤いアップ!美肌づくり&便秘改善!

イチジクで潤いアップ!美肌づくり&便秘改善


寝起きに喉の乾燥を感じるようになりました。
たがやす薬膳コンシェルジュです。


今回のお勧め食材は旬の果物イチジクです。
無花果「むかか」とも言われるように
イチジクの花は実は中の食べる部分なので
花は外からは見えません(^_^;)


聖書にも登場するほど
古くから親しまれている果物ですが、
最近では植物性エストロゲンを含むことが分かり
「女性の健康に役立つ果物」としても注目が!


肺や腸を潤すことから美肌や便秘にも効果あり。
咳や喉の痛みを抑えるので
おやつにも便利なドライフルーツもお勧めです。


生でそのまま食べてよし、
同じく潤い作用のある
白きくらげと一緒にコンポートにしたり
同じく便秘に効果ありごま和えなどなど
食べ方いろいろです。


プランターでも栽培しやすいそうなので
ぜひ、栽培にも挑戦したいと思います!!

22249888_s.jpg22405736_s.jpg
***********
薬膳でもっと元気に!
もっとキレイに!
もっとハッピーに!
◇協会からのお知らせ◇
薬膳基礎入門の動画クラス開講中♪
10月開講!東京名古屋仙台オンラインの薬膳基礎講座
  1. 1
  2.  
  3. 2
  4.  
  5. 3
協会・教室に関する
ご質問にお応えします
03-6869-7347
受付時間 平日11:00~18:00

PAGE TOP