お知らせInformation

2021.07.10
発汗して気分スッキリ!鶏肉とパクチーのフォー

みなさんこんにちは!
フーディ薬膳コンシェルジュです。

まだじめじめとした天気が続いていますね。
暦の上では夏ですが、環境に合わせた薬膳メニューを、と思い今回は「鶏肉とパクチーのフォー」をご紹介します。

鶏肉とパクチーのフォー

パクチーは発汗して余分な熱を取り除き、気を巡らせて利尿作用もある食材。
気持ちや体がだるい時に食欲も上げてくれます。
また、ネギも合わせてダブルで発汗します。

鶏肉はお腹を温め気を補うもの。食欲がない時にもサッパリしていて食べやすいですね。

合わせた麺は米粉で作られたフォーを。小麦粉と違い体の熱を冷ますものではないのが良いところ。

付け合わせのもやし(今回は緑豆もやしを使用)も利水作用があり、むくみを取り除くもの。
ただし体を冷やすものなので、温かい状態でいただくのがおすすめです。

そしてレモンを合わせましたが、ただおいしくなるだけでなく...
香りで気を巡らせ気分スッキリ、のどの渇きも癒してくれます。


では作り方を。


【材料】2人分
鶏モモ肉 150g~200g
もやし 1/2袋(100g)
パクチー 1~2束
フォー(乾麺) 120g~150g
*水 380cc
*鶏ガラスープの素 小さじ2
*ナンプラー 小さじ2~3
*鷹の爪 2個
ネギ(小口切り) 大さじ2
レモン(くし切り) 2個


【作り方】
1.鶏モモ肉を一口サイズに切り、塩コショウを振っておく。パクチーは根の部分を取り分け、2cmに切る
2.鍋に*と、パクチーの根の部分を包丁でつぶしてから入れ、1を入れて弱火で10分ほど煮る。灰汁が出てきたら取り除く
3.フォーを表示通りにゆでる。ゆであがったら水で洗ってぬめりを取っておく
4.2で鶏肉に火が入ったらパクチーの根と鶏肉を取り出し、もやしを茹でる
5.器に麺、スープともやし、鶏肉を盛り、ネギ、パクチー、レモンを乗せて、出来上がり!


鶏肉のうまみがスープに出ていて、その他の油分を使っていないのでサッパリしていて食べやすいです。

食べて発汗、食べ終わったらスッキリ!していただけたら嬉しいです☆


<協会からのお知らせ>

薬膳や薬膳茶資格のZOOM説明会
https://www.y-concierge.info/topics/2021/06/000660.php

東京名古屋仙台とオンラインの薬膳茶エバンジェリスト講座
https://www.y-concierge.info/seminar/course04.php

東京名古屋仙台の薬膳基礎講座10月スタート
https://www.y-concierge.info/seminar/course01.php

9/23うるおい尽くし!美肌スイーツ薬膳
https://www.y-concierge.info/topics/2021/06/000659.php

8/1薬膳スパイスカレー粉作り(残席僅か)
https://www.y-concierge.info/topics/2021/05/000655.php

2021.06.26
むくみを取り除く!ハト麦サラダ

みなさんこんにちは。
フーディ薬膳コンシェルジュです。

梅雨真っ只中のこの季節、空気が重く湿気を感じますね。
足が重い、食欲不振や胃もたれなど、体に影響がでてきます。


雨で運動不足になったり、冷たいものを食べて巡りが悪くなり、摂取した水分をうまく代謝できないことも。
なので私もこの時期は白湯を飲んだりして、意識して胃を温めるようにしています。
胃が冷えていたり胃が弱っているとむくみにつながるのです。


今回ご紹介する「ハト麦サラダ」は健脾(脾胃を労わる)・利湿(水分を排出させる)のメニューです。

ハト麦サラダ

具材はハト麦、トウモロコシ、枝豆。
この3つどれもがむくみを取る食材なのです。


ハト麦(ヨクイニン)は余分な水分を取り除き脾の機能を高める、美肌食材(化粧品などでも)としても有名です。
関節痛やリウマチなど、水分代謝からくる痛みにも良いものです。


旬の食材トウモロコシは利尿作用があるので、デスクワークを長時間した時にもおススメです。胃の調子も整えてくれます。コーン茶などもいいですね!


枝豆は同じ豆でも野菜の一種。大豆が熟す前に収穫したものです。
気血を補い疲労回復に良い食材なのですが、胃腸を労わり、水分代謝もしてくれるのです。梅雨から夏に取り入れたい食材ですね。


作り方もとっても簡単です!

【材料】
ハト麦(乾燥) 1/3カップ
コーン(缶詰) 80g
枝豆(さや無し) 60g(さや付きで約150g)
パセリ 1枝

ドレッシング
*白ごまペースト 大さじ1
*オリーブオイル 大さじ1
*米酢 大さじ1
*醤油 小さじ1
*塩 小さじ1/4
*蜂蜜 小さじ1
*お好みで
 黒胡椒少々、ニンニク摺り下ろし 小さじ1/2

【作り方】
1.ハト麦を鍋に入れ、カップ2くらいの水を入れ、20分位茹でる(途中で水分がなくなってきたら注ぎ足す)
2.ドレッシングを作る
 ボウルに*をすべて入れ、泡だて器などでよく混ぜ合わせる
3.1が出来上がったら、よく水を切り、コーン、枝豆とともにボウルに入れ、混ぜ合わせる
4.パセリをみじん切りにして混ぜ合わせて出来上がり! 

サラダといっても、温かいまま食べていただいてもおいしいです。
マヨネーズを使わなくても、ゴマペーストが入っているとコクがあり満足感が出ますよ。


簡単&ヘルシーなのでぜひ作ってみてくださいね♪


<協会からのお知らせ>

薬膳や薬膳茶資格のZOOM説明会
https://www.y-concierge.info/topics/2021/06/000660.php

東京名古屋仙台とオンラインの薬膳茶エバンジェリスト講座
https://www.y-concierge.info/seminar/course04.php

東京名古屋仙台の薬膳基礎講座10月スタート
https://www.y-concierge.info/seminar/course01.php

9/23うるおい尽くし!美肌スイーツ薬膳
https://www.y-concierge.info/topics/2021/06/000659.php

8/1薬膳スパイスカレー粉作り(残席僅か)
https://www.y-concierge.info/topics/2021/05/000655.php

2021.06.12
消化吸収に良いひよこ豆のフムス

みなさんこんにちは。
フーディ薬膳コンシェルジュです。

暑いのか梅雨なのかわからない日々が続いていますが、今回は梅雨時に不調が出やすい「脾」を労わる"フムス"をご紹介します。

フムスはアラブ料理の一つ。
野菜のディップやサンドイッチの具材などに合わせられる豆のサラダのようなものです。

フムス


梅雨の時は「脾」の機能が盛んになる時。
脾胃が弱ると代謝が悪くなりむくみやすくなったり、消化不良を起こしやすくなります。


メイン食材のひよこ豆(ガルバンゾー)は脾、大腸に帰経していて消化吸収を助けてくれたり便通を良くしてくれる食材。胃が疲れている時、その疲れによってむくんでいる時におすすめなのです。


作り方はいたって簡単、すべての材料をフードプロセッサーで混ぜるだけ!


【材料】(作りやすい量)
ひよこ豆の缶詰 1缶
にんにく 1片
水(缶詰の中のものを使用) 大さじ3
クミン 小さじ1/2
塩 小さじ1/2
レモン汁 大さじ1
練りごまペースト 大さじ3
胡椒 少々
*オリーブオイル
*お好みでパプリカパウダー

【作り方】
1.缶詰の豆をざるにあけ、フードプロセッサーに豆、にんにく、クミン、水を入れて粉砕する
2.ある程度混ざったところで塩、レモン汁、練りごまペースト、胡椒をいれてさらに粉砕し、ペースト状にする
3.お皿に盛ってオリーブオイルをかけ、お好みでパプリカパウダーを振って出来上がり!


今回は胃の調子を整えるジャガイモとパプリカを蒸し野菜にして合わせました。
冷たいもので胃を冷やしたくないこの時期、温野菜がおすすめです。
そして添えたクレソンも水分代謝に良い野菜なんですよ。


材料に合わせているスパイスのクミンも食欲増進と消化促進に便秘解消(よくカレーに入っています)、ゴマも栄養価が高く便秘の方にもおすすめです。

ヘルシーでおいしくって、大好きなメニューです。(簡単なのも好きなところ♪)
ぜひお試しください☆


<協会からのお知らせ>
★名古屋5期薬膳茶エバンジェリスト講座
https://www.y-concierge.info/seminar/course04.php

★薬膳基礎講座の動画コースがスタート♪
https://www.y-concierge.info/topics/2020/11/000594.php

★自宅に茶葉が届く薬膳茶入門講座の申込受付中!
https://www.y-concierge.info/seminar/course05.php

2021.05.22
除湿して胃を労る、野菜たっぷりビビンバ

みなさんこんにちは。
フーディ薬膳コンシェルジュです。

もっと春の暖かさを楽しみたかったのですが、今年は早々に梅雨が始まりましたね。
雨は憂鬱な気分になります。。

梅雨といえば湿気ですが、体も湿気で重くなったりだるくなりがちです。
そして体が冷えると胃にも影響を及ぼします。

そんな時に体の水分を巡らせて外に出し、胃を労わる、梅雨の湿気対策ご飯「野菜たっぷりビビンバ」を作りました!

ビビンバ

ナムルの材料は湿気を取り除くもの、胃を労わるものを組み合わせています。

白菜と大豆もやし(大豆)は胃の働きを整えて余分な水分を排出する食材。
人参と椎茸は消化機能を整え、牛肉も脾胃の機能を整えます。

そしてタレに使ったコチュジャンは体を温め汗で除湿、大葉で気の巡りを良くしてこちらも除湿します。
海苔も(唯一体を冷やすものですが...)利尿作用があります。

ちなみにもやしには種類があり、「緑豆もやし」の場合は利尿作用は高いのですが体を冷やすもの。
暑い時期におすすめの食材です。


【材料】4人分
*タレ
コチュジャン 大さじ2
梅干し(できればはちみつ梅干し)2~3個
醤油 大さじ1
みりん 大さじ1
ハチミツ 大さじ1
おろしニンニク 小さじ1
白ごま 大さじ1

*ナムル
白菜 1/4個
人参 1本
大豆もやし 1袋 
椎茸 6枚
牛肉 200g
(醤油、みりん、酒 小さじ2づつ、胡椒)
ごま油、塩、胡椒、おろしニンニク、鶏ガラスープの素(作り方参照)

焼きのり 4枚
大葉 4枚
ご飯 お好みで

【作り方】
1.タレを作る。梅干しは包丁でたたいてつぶし、その他の材料と混ぜ合わせる

2.ナムルを作る。
・白菜は細切りにし、熱湯でさっと1分ほど茹で、すりごま小さじ1、ごま油小さじ2,塩2つまみ、鶏ガラスープの素小さじ1/2、胡椒少々と合わせる

・人参は細切りにし、耐熱容器に入れてレンジで2分加熱し、ごま油小さじ1、塩2つまみと合わせる

・豆もやしは袋のままレンジで3分加熱し、ごま油小さじ2、おろしニンニク小さじ1/2、塩2つまみ、醤油小さじ1/2と合わせる

3.牛肉と椎茸を焼く。
牛肉は1口サイズに切り、椎茸は薄切りにする。牛肉を()のもので下味を付け、フライパンにごま油小さじ1を入れ温めて焼く。牛肉が焼けたら取り出し、そのままのフライパンで椎茸を焼き、塩胡椒で味を調える(焦げそうになったら料理酒を小さじ2ほどかける)

4.盛りつける。
器にご飯を盛り、海苔を手でちぎって乗せる。その上にナムルを適量ずつ乗せる。
大葉をみじん切りにして乗せて出来上がり!
食べるときにタレをお好きな量かけて、混ぜていただきます。


手間がかかりそうに見えますが、ナムルはレンジを使うので簡単に出来上がります。

野菜たっぷりで満足なので、お肉は少なめの分量にしました。(お好みで増やしてください)

ビビンバとは混ぜご飯のこと。全部をまぜまぜして食べてくださいね。
食べると体も温まって、元気が出てきますよ♪

<協会からのお知らせ>
★名古屋5期薬膳茶エバンジェリスト講座
https://www.y-concierge.info/seminar/course04.php

★薬膳基礎講座の動画コースがスタート♪
https://www.y-concierge.info/topics/2020/11/000594.php

★自宅に茶葉が届く薬膳茶入門講座の申込受付中!
https://www.y-concierge.info/seminar/course05.php

2021.05.08
気を巡らせる陳皮チキン

みなさんこんにちは。
フーディ薬膳コンシェルジュです。

今回は、みかんの皮を干して作った陳皮を使った、消化不良やむくみ、ストレス発散に良いメニューをご紹介します。

陳皮チキン

陳皮は気を巡らせて消化機能をと整えるもので、身近なところだと七味唐辛子のうちの1つとして入っています。
また、薬膳茶として使用されることも多いものです。
巡らせてむくみの解消にも良いですし、この香りでリラックス効果もあります。

そこでチキンのマーマレード煮などから発想して、陳皮とスパイスを使った鶏肉メニューを作ってみました。

組み合わせたのは気を補う鶏肉手羽、スパイスは八角とクローブ。どちらもこちらでも気を巡らせ、お腹を温めます。

ただし、体を温めるものが多いので火照っている時は控えめに。

【材料】
鶏手羽元 400g
塩 二つまみ
黒胡椒 適宜
*陳皮 5g(キッチンバサミなどで細かく切っておく)
*醤油 大さじ2
*酒 大さじ1
*はちみつ 大さじ1
*黒酢 大さじ1
*にんにく(すりおろし)1片
*生姜(すりおろし)小さじ1~2
*八角 1個
*クローブ 3粒
*オレンジジュース 100㏄

【作り方】
準備:鶏手羽元は塩胡椒を振ってなじませておく
*をすべて混ぜ合わせておく
1.フライパンにごま油大さじ1を入れて温め、鶏肉を焼き目が付くように焼く
2.1に*のソースを入れて沸騰したら弱火にし、蓋をして約15分、ソースが煮詰まってくるまで煮込む
3.途中で蓋を開けてスプーンでソースを上からかけて鶏肉に味を染み込ませる。ソースがしっかり詰まったら出来上がり!

みかんの香りがいい香りです♪
黒酢とはちみつでお肉を柔らかくする効果もありますよ。

ちなみにこの陳皮、食べるだけでなくお風呂に入れてもいい香りです。
以前「これは苦すぎる...」という夏みかんくらい皮が厚い陳皮を購入し残念ながらお茶などにも使えなかった時、お風呂に入れたらとってもいい香りでリラックスできました。

いろいろストレスも溜まりがちな昨今に、ぜひお試しを~!

<協会からのお知らせ>
★名古屋5期薬膳茶エバンジェリスト講座
https://www.y-concierge.info/seminar/course04.php

★薬膳基礎講座の動画コースがスタート♪
https://www.y-concierge.info/topics/2020/11/000594.php

★自宅に茶葉が届く薬膳茶入門講座の申込受付中!
https://www.y-concierge.info/seminar/course05.php

  1. < Prev
  2. 1
  3.  
  4. 2
  5.  
  6. 3
  7.  
  8. 4
  9.  
  10. 5
  11.  
  12. 6
協会・教室に関する
ご質問にお応えします
03-6869-7347
受付時間 平日11:00~18:00

PAGE TOP